予定は未定、決定は仮定

ふぁてごばっか/最近王子になりました(アイギス)/スティ子かわいいよスティ子

【遊戯王】メタアロマージ【デッキレシピ】※7/7追記

追記

7/7 カナンガとローズマリーの効果がごっちゃになってたので修正。

      メインモンスターの簡易解説を追加。

 

なにかと計算が面倒

だけど楽しい。イラストアドのおかげもある。

基本的には相手の動きを封殺し、ライフアドを取りつつビートダウンしていく。

今回は某レシピサイトで見つけたメタアロマージを、自分なりにカスタムしてみた。

 

 メインのモンスターは四種類、エクストラはスターダストだけ

主軸であるアロマージはローズマリーカナンガジャスミンをそれぞれ三積み。

基本的に、ライフを回復時に発動する効果と、相手よりライフが多い場合に発動する効果のふたつを持つ。

(女モンスの上級くださいお願いしますコナミさんなんでもしまかぜ。え、ベルガモット? 男じゃないの?)

 

f:id:kousay:20150707151626j:plain

ローズマリーはライフ回復時に、一度だけ相手モンスターの表示形式を変更する効果。

さらにライフが相手より多い時、植物族モンスター攻撃時に相手モンスターの効果発動を無効にする。

手札からのオネストやリクルーターからの奇襲も怖くない。

アロマガーデン展開時にはATK2300となり、優秀なメインアタッカーとなる。

隣にカナンガが並んでいればATKは実質2800となり、最上級モンスター相当の強力なアタッカーと化す。

2800以上のDEFを持つモンスターはそうそういないので、表示変更効果と組み合わせれば、大抵のモンスターは倒せることになる。

ちなみに、この表示変更効果は相手ターンでも使用できる。

ご隠居の猛毒薬などのフリーチェーンで回復すれば、相手を足止めできる。

 

f:id:kousay:20150707151635j:plain

カナンガはライフ回復時に相手の魔法罠を一枚バウンスできる。

フリーチェーンされる可能性も高いけど、次元幽閉やミラフォなど攻撃時誘発罠を掃除できるのは大きい。

さらに相手よりライフが多い時、相手モンスターの攻守を500下げる。一見地味だが、この数字はとても大きい。

アロマガーデン展開中なら、アロマモンスターのATKは実質1000も上がることになる。

自身も単体で実質ATK1900となるため、及第点な打点を叩き出せる。

ガーデンが展開中なら実質ATK2400となり、あの帝とも相打ちが可能で、サイドラも一方的に戦闘破壊できる。

下級アタッカーなら、余裕で返り討ちだ。

 

f:id:kousay:20150703025613j:plain

ジャスミンは、回復時に一度だけ一枚ドローできる。複数体並べれば、その数だけドロー可能。

また、自身以外の植物族モンスターを追加で通常召喚可能な、植物限定の二重召喚を内蔵している。

こっちの効果は複数体並んでても、一回しか増えないので気を付けたい。

手札にアロマモンスターがだぶついていれば、容易に展開できる。

ATKはとても貧弱なので、素で1900と高いDEFを活かしたいところ。

 

色々と回した結果、ローンファイア・ブロッサムはピンで落ち着いた(それでもぶっちゃけいらない場合が多い)。

エクストラデッキはスタロ用のスターダスト・ドラゴン以外入れていない。

モンスターは以上。

 

 

魔法も少なめ

特殊召喚を多用しないデッキなので、ドローソースの王道である、強欲で謙虚な壺

バーンと回復の両方を選択でき、ガンマンラインまで削ればフィニッシャーにもなるご隠居の猛毒薬

アロマージの効果を存分に使える専用フィールド魔法、アロマガーデン

これらをそれぞれ三積み。

 

また、アロマガーデンのサーチにテラ・フォーミングを二積み。

貧弱なステータスのアロマモンスターの防御札として、月の書

 

 

永続罠が多め

発動時に自場の永続魔法・永続罠×500回復。相手によって墓地送りにされた時、墓地の永続魔法・罠×500バーンの炎虎梁山爆

特殊召喚モンスターをターン終了までバニラ化し、さらにいわゆる召喚酔いさせる一回休み

1000コストでアロマをサーチ、さらに相手よりライフが低いと500回復する潤いの風

以上をそれぞれ三積み。

 

ライフ回復時にモンスター一体を破壊、任意のライフをコストに、コスト以下の相手モンスターを破壊する渇きの風。

ギャンブル要素は強いが貧弱なアロマを守るバウンスカード、旅人の試練

以上を二積み。

 

ライフに余裕が生まれやすいので、支払ったライフ以下の攻撃をシャットアウトする光の護封壁

効果モンスターの攻撃を封じ、さらにその効果を無効化するデモンズ・チェーン

羽根箒やブラックホールなど全体除去対策にスターライト・ロード

お互いの特殊召喚の一切を封殺する虚無空間

カウンターの王道、神の宣告

以上はピン。

 

 

基本的な攻め方

メタカードで相手の動きを制限する。

ガーデンを発動、潤いの風でアロマサーチ。ジャスミン出して効果でアロマ展開。

カナンガでバックを掃除&モンスター弱体化からの、ローズマリーの表示変更効果+打点で戦闘破壊。

それでも対応しきれない強大なモンスターには、渇きの風の効果で適宜破壊していく。

アロマージの効果を存分に発揮するため、基本的には常に相手よりライフを多く保持する必要がある。

 

 

弱点とか

スキドレなどの効果封じは大敵。

大抵のデッキにも言えることだけど、除去手段をモンスター効果に頼っているので、何も出来ず死ぬ場合も多々あり。

特殊召喚メタは多めだけど、破壊がメインなので耐性持ちはキツイ。特にベエルゼ。

あと墓地利用を盛んに行うデッキ相手も、逆に利点を与えてしまうので厳しい。

回復がすべてバーンと化すシモッチとかには遭遇したくないな、滅多にいないけど。

とにかく、こっちの準備が整うまでが一苦労で、一苦労している間にやられる時も。

 

 

改善点として

打点不足には、機皇帝グランエル∞などライフを攻撃に変換するモンスター投入もあり。

永続罠が多いので、腐った永続罠を掃除しつつフィニッシャーにもなる神炎皇ウリアも候補に入る。

サイクロンなど、とにかく永続罠を除去されると痛いので、宮廷のしきたり投入で防御も厚くしたい。

モンスターが少ないし、植物専用蘇生魔法の増草剤も候補か。

墓地肥やしデッキを機能停止させるマクロコスモスも採用圏内。

永続罠にこだわらないなら、旅人の試練よりもくず鉄のかかしのほうが有用。

強制脱出装置幽鬼うさぎエフェクト・ヴェーラーなどの万能カードも入れたい。

流行りのプトノヴァインフィニティ対策に、ラヴァ・ゴーレムも一興。バーン効果は地味にシナジーする。

インフィニティが出ている状況はメタカードが突破されているか、準備する前かなので、ラヴァゴの特殊召喚に支障はないだろう。

ラヴァゴは相手場に二体並んでなければならないので、ヴォルカニック・クイーンのほうが手軽な状況もあるかも。

いずれにせよ長期戦デッキなので、ワンキル特化相手にはどうにも無力。

先行取って手札が充実してればワンチャンあるって感じ。相手の出方にもよるけど。

勝ちにこだわる場合、エクストラにホープ一族を入れてみるのも手かもしれない。

デッキ枠と相談して、カスタムしていこう。

 

 

筆者はファンデッカス

ガチデッキといえば、今は亡き征竜くらいしか持ってない。

なので、楽しめればそれでいいというスタンス。

自分の周りにはあまりないデッキなので、相手からすれば新鮮なデッキではあるのかな。

とはいえ、勝ちは狙っていくにこしたことはない。

ファンデッキ同士の対決なら、それなりの勝率を稼げている。

ん?  メタデッキはファンデッキじゃないって?

……環境取ってないから問題なし!(多分)

 

 

レシピ

あまり参考にならないだろうけど、メモとして。

モンスター 10枚

アロマージ ローズマリー×3

アロマージ カナンガ×3

アロマージ ジャスミン×3

ローンファイア・ブロッサム

 

魔法 12枚

強欲で謙虚な壺×3

ご隠居の猛毒薬×3

アロマガーデン×3

テラ・フォーミング×2

月の書

 

罠 18枚

炎虎梁山爆×3

一回休み×3

潤いの風×3

渇きの風×2

旅人の試練×2

光の護封壁

デモンズ・チェーン

スターライト・ロード

神の宣告

虚無空間

 

エクストラ 1枚

スターダスト・ドラゴン

f:id:kousay:20150703030618j:plain

(あ、スターダスト撮り忘れた…)